※現在,ホームページ・コンテンツの移行作業中で,随時公開予定です。

研究テーマの概要

機械や設備には,製造上の都合や,保守保全のための分解の必要性から多くのねじ結合部が設けられていますが,その不具合が原因となって,しばしば事故が起こってしまいます。
このような事故を防止するためには,ねじ結合部に作用する負荷を正確に推定することと,作用する負荷に耐えるようなねじ部品を選択することの両方が必要なのは言うまでもありませんが,ねじがその性能をきちんと発揮できるようにするためには,確実な締め付けを行うことがとても重要です。
機械の運転中に起こるねじのゆるみにも注意をしなくてはなりません。このように,ねじ結合の信頼性や安全性を確保するためには,
@個々の部品の特性
Aおねじ部品とめねじ部品の適切な組合せ
Bねじ結合体としての性能
のそれぞれについて,きちんとした品質保証を行う必要があります。
研究室では,これらに関連する個別の研究テーマや,現場でのトラブル防止を目的とした情報の体系化に関する研究を行っており,得られた研究の成果は,ISO(国際標準化機構)での規格制定や改正の際に直接役立てられています。

名古屋工業大学 機械工学科 / 大学院機能工学専攻 機械要素研究室
〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
Nagoya Institute of Technology
/ Machine Element Laboratory
Copyright © Machine Element Laboratory All Rights Reserved.